• TOP
  • >
  • 当園について

「学び生きる力」を育む
ユニバース・ナーサリー大森

幼児期(保育園・幼稚園)から児童期(小学校低学年)に子どもたちは「学び生きる力」を学び取り始めます。

学び方は「遊び」中心から「教科」中心へ変化していきますが、生活の中で、さまざまな物や人に 興味を持ち、試行錯誤を繰り返しながらそれを理解し、自分のものとしていきます。そして、自分から人に伝えたり、共有することによって社会性や協調性を学びます。

身体感覚を伴う様々な活動を経験することによって「学び生きる力」が獲得されます。

保育理念

ひとりひとりを大切に、あるがままの子どもを受け入れます

私たちは「愛のこころ」をもって子どもと接します。そして、子どもが「人が人を大切に思うこころ」を持ち、自分も他者も好きになる。愛をいっぱい生み、そしてはぐくむ子どもになってほしいと願っています。 愛があるからこそ育める子どもの「育つ力」を支援し、いまをもっともよく生き、望ましい未来をつくりだす力を育てていきます。

保育方針

「育つ力」を育てる

子どもが生まれたときから持っている「育とう」という力(宝物)を安全と信頼に満ちた環境の中で愛情を持って支援していく保育を行います。子どもの現在をもっとも良く生き、望ましい未来を作り出す力の基礎を養います。

保育目標

心身ともに健康で友達とよく遊べる子どもを育てます。

地域社会との連携・交流・子育て支援活動の取り組み等、人と人とのつながりを大切にし、地域に開かれた保育を考えていきます。

伝承行事を通して、昔から受け継がれてきた文化を子ども達に知らせていきます。

同年齢の子ども相互の活動と共に異年齢児の交流の機会を大切にし、様々な活動や遊び等を通じて自然な形で交流していきます。